店長日記

脂と水分とシワの関係

年を取るとシワがあらわれることは誰でも知っています。
シワは皮膚の老化現象であることもご存知でしょう。
それでは、なぜ年を取り、皮膚が老化するとシワになるのでしょうか?


赤ちゃんの肌がみずみずしいのは何故?

素朴なシワのメカニズムについては意外と知らない人が多いようです。

シワだらけのお年寄りの方と赤ちゃんの肌を思い浮かべてください。
赤ちゃんの肌というのは、ツヤツヤ・ふっくらとしていて、思わず触ってみたくなるほどみずみずしいものです。
もちろんシワなどどこにも見られません。
このいわゆる“玉の肌”が50年、60年を過ぎるとシワだらけになってしまうのだから不思議です。


それでは質問です。
「赤ちゃんのときはシワひとつないのに、なぜ年を取るとシワができるのでしょう?」

どのように答えますか?

「お年寄りの皮膚って見るからに脂っ気がなくてカサカサしているでしょう。きっと赤ちゃんや若い人にはたっぷりあった脂が歳を取ると少なくなるからじゃないの?」

…と迷回答を思いつきますか?
この答えは間違いなのですが、このように思っている方は意外に多いのではないでしょうか。
皮膚に付着している脂、つまり皮脂の量からいえば、赤ちゃんよりお年寄りの方がはるかに多いのです。問題は肌に含まれている水分の量なのです。

もちろん、赤ちゃんの肌がみずみずしいのは水分の量が多いからで、お年寄りの肌がカサカサでシワが多いのはその反対だからです。しかし顔はずいぶん老けているのに、身体はみずみずしいという女性は多いのです。同じ肌でも顔と身体では、その老化の進み具合がまるで違います。顔は身体のどの部分よりも、もっとも早く老けやすい場所なのです。


手入れ次第でシワは防げる

肌の老化は20歳を過ぎたら要注意ですが、顔から老化を始めると先述しました。
その顔の中でも真っ先に老化、つまりシワができやすいのが目尻なのです。また、シワは年齢とともに出る場所が変わり、放っておけば最後には顔中シワだらけ、ということになってしまう可能性があります。
それでは年代別にどういうところにシワが現れるか整理してみましょう。

 
20代目尻のいわゆる“カラスの足跡”や上まぶたのシワ
30代鼻翼部~口角の横を通りあごに向けて両脇の溝が深くなり(ほうれい線)、皮膚の張りが緩むので、上まぶたの皮膚が目にかぶさってくる。皮膚表面の小ジワも徐々に増えてきます。
40代顔のシワが目立つようになり、眉間のシワも深くなります。この年代では皮下組織の老化も進んでいるはずで、表面的な小ジワだけではなく、彫りの深い本格的なシワとして現れるようになります。
50代目尻の皮膚がたるんで下がり始めるため、目の形が三角目になってきます。また、細かく切れていた頬のシワが繋がり、長く深いシワができます。目袋といわれる下まぶたの膨らみが現れるのもこの年代ぐらいからでしょう。何故かというと、人間の身体は一般的に50代を過ぎると細胞の働きが急に弱まるといわれます。そのため、皮膚が萎縮し薄くなっていくのです。そうなると、特に目の周りでは、目を支える組織の張りが短くなり、眼窩脂肪は自分の重みに耐えられなくなるのです。その結果、目袋が現れるということになります。
60代周囲のシワ同士が繋がり、さらに長く深くなっていきます。
70代急激に顔中がシワだらけになってきます。これはコメカミや顔の皮下脂肪がなくなって顔が痩せるためです。
80代頭蓋骨が縮み、シワは深いヒダのようになってしまいます。


こうして年を追うごとにシワの出方を紹介してくると、もはや絶望的に感じてしまうかもしれません。
確かにシワは老化現象であり、ある意味では避けることは出来ません。しかし、今順番に挙げた年代別のシワの出方は、適切な肌の手入れをしなかった場合です。もちろん、手入れをしたからといって、いくつになってもシワが現れないというわけではありません。ただ、そうして現れたシワでさえ、適切な保湿ケアを毎日続けていくことで、消してしまったり、目立たなくすることができるのです。

全ての女性は、より美しくなりたいと願っています。特に素肌美を求めています。ところがまわりには素肌美を壊すものばかりです。化粧品の化学物質や防腐剤、紫外線や化粧によるシミの発生、ストレスによるシミ・シワ・お肌の老化…等々。

しかし、面倒でも毎日の地道なケアが5年後、10年後その成果が確実にお肌に結果として現れます。
「自分はまだ若いから」と油断することなかれ。「もう手遅れ」と諦めることなかれ。
早すぎることも遅すぎることもありません. 今の内から、また今からでも、お肌にたっぷりの保湿と十分なケアを心がけてください。

新蘇生スキンケアシリーズは全商品防腐剤無添加です。
米ぬか発酵にこだわり、米ぬか発酵エキスやお肌に優しい天然由来成分配合でお肌と心に安心してお使いいただけます。皆様の美容と健康にお役立ていただけますと幸いです。
皆様の“素肌美”の一助となることを願っております。

  • 2021.09.08
  • 15:53

米ぬかの美肌効果

古くは江戸時代より、美肌に役立てる化粧道具の一つとして使用されてきた米ぬか。
現在では米ぬかに様々な美容成分が検出され、認められています。
今回は、米ぬかに含まれる成分の美容効果についてお話していきます。

・ビタミンB2
・ビタミンE
・γ(ガンマ)-オリザノール

●ビタミンB2
【美容ビタミン】とも呼ばれ、新代謝を促進し、お肌を健康に保てるほか、脂っぽい皮膚を抑え、ニキビや肌荒れを防ぐ効果もあります。

●ビタミンE
多くの食品に含まれる栄養素で、酸化防止作用があり、免疫を高めるのに役立ちます。
そのため、体内に細菌やウイルスが入らないよう撃退するのに役立つ栄養素。
血管を拡張し、血行促進作用するもあり、冷え性改善や体内の細胞が重要な働きをするためにも必要な栄養素でもあります。
肌に対しては「抗酸化作用」、「バリア機能」、「血行促進作用」などの機能があり、体のさまざまな老化を防ぐ働きがあることから【若返りのビタミン】とも呼ばれています。

●γ-オリザノール
コレステロールの低下作用で知られているのがこの成分です。
成分中に含まれるフェルラ酸部位の抗酸化作用が、肌の老化防止に役立ちます。
これらの美肌成分を含んだ米ぬかを美容に利用することで様々な効果を得ることが出来ます。
①ハリの生成
②老化防止
③ターンオーバー促進
④シミや黒ずみ対策
どれも肌の状態に悩みを持っている人にとっては、気になる効能ではないでしょうか。

①美しい肌を生むハリを守る
米ぬかにはビタミンが含まれているため、肌に塗ることでビタミンによる影響を与えることが期待できます。肌がハリを失う理由として、表皮の奥にある肌の土台とも言えるコラーゲンの減少があげられます。
しかし、米ぬかに含まれているビタミン群により、肌の代謝が促進されることで、コラーゲンの減少を抑制できるのです。
そうすることで、より長く肌のハリを守り、美しい肌を保つことを可能にします。

②アンチエイジングによって老化を防ぐ
米ぬかに含まれるビタミンEは、血行の改善を促します。
また皮膚における角質の硬化を防止し、抗酸化作用や保湿効果、抗炎症作用など、多くの効果を発揮。肌をより健康に保つことを可能にします。
ビタミンEは元々【若返りのビタミン】と言われるほど、細胞の老化を予防する働きを持つビタミンなので、それによって肌の老化を防ぐことができるようになるというわけです。

③古い角質を落とすターンオーバー促進
古い細胞が新しい細胞へと生まれ変わる、肌の新陳代謝。
この生まれ変わりをターンオーバーと言い、これが繰り返されることで、肌は美しい状態に保たれます。
ターンオーバーの周期は約28日~56日で繰り返されるのですが、 この周期は加齢とともに代謝が落ちて長くなり、20代で約28日だったものが、30~40代では45日程度かかってしまうのです。
ターンオーバーのサイクルが乱れると、肌荒れやニキビ、吹き出物など肌トラブルの原因にもなり、またシミの原因・メラニンの沈着にもこのターンオーバーは関係してくるのです。
このターンオーバーをいかに正常に近づけるかが、美肌の鍵とも言えます。
米ぬかには、ビタミンEだけでなく、このターンオーバーを促進する作用を持ったビタミンB群も含まれているため、古い角質を落とし、新しいものへと変える新陳代謝を強力にサポートする力があるのです。

④シミや黒ずみを目立たなくする
米ぬかに含まれるビタミンEは、メラニンの沈着を抑えるとともに、紫外線から肌を守る効果も持っているのです。
逆に、ビタミンEが欠乏することで肌は紫外線による影響を強く受けて酸化し、シミやシワといったものの原因を作りやすくなってしまいますし、血行不良によって状態も悪化してしまいます。

このように、米ぬかには美容成分が豊富に含まれており、それだけでも美肌効果は期待できるのですが、この米ぬかを発酵することで更にその効果は高まるのです!
米ぬか発酵酵素風呂はその最たる例で、米ぬかを発酵することで美容・健康に対する効果効能が増幅し、免疫力が高まり、入浴後はお肌がつるつるになります。

食べ物の例でいうと、大豆はそれだけでも栄養価が高い食べ物ですが、発酵することで納豆となり、スーパーフードと呼ばれるほどの優れた健康食品になります。

米ぬかも同様に、微生物の力によって元々の効果効能が増幅する他、米ぬかに含まれていなかった新たな美容成分をも生み出し、様々な美肌効果が期待できるのです。


☆新蘇生シリーズ化粧品
このように美肌効果のある米ぬかを、発酵して乾燥し、たっぷりのハチミツとローヤルゼリー、黒砂糖を配合した製品が「日医 スキントリートメントパック」で、“食品由来原料100%”のオーガニックパックです。

美肌効果に優れたこのパックに、アミノ酸系洗浄成分を配合した製品が「日医 美容洗顔フォーム」で、1本で2役、“洗顔とパック”が簡単手軽にできる商品となっております。

その他にも発酵米ぬかから抽出したエキスを贅沢に配合したスキンケアシリーズやファンデーション、クリームなど、米ぬか&発酵にこだわり、天然原料が持つ効果効能を活かした“お肌に優しい商品”を取り揃えております。

「肌のキメが細かくなった!」、「シミが目立たなくなった!」、「皮膚科通いから卒業できた!」、「皮膚の漢方薬!」などお喜びのお声も多数いただいております。ぜひ皆様の美容と健康にお役立ていただけますと幸いです。

  • 2021.08.16
  • 16:44

医者から一言

大阪市の総合病院院長でありながら、著書や講演など多岐にわたりご活躍されている
山下弘道先生からご意見をいただいております。
『新蘇生 日医美容液』など山下先生との共同開発商品もございます。

新蘇生スキントリートメントパックについて・・・

『新蘇生 スキントリートメントパック』について私が思う事を書いてみました。
『新蘇生』知る数ヶ月前の事でした。ある友人(治療家)からこんな話を聞きました。

「70歳くらいのおばあちゃんを治療したときに着物を脱いでもらったんだ。その時とてもそんな歳には見えない肌だったんだ。
まるで40歳代だったんだよ。あまりに若く見えるので『何かしていらっしゃるんですか?』って聞いたんだ。
そうしたら、ずいぶん前からお風呂に入るときに全身米ぬかと蜂蜜を混ぜて練ったものを塗って、しばらくして洗い流してから
出ていたと言うんだよ。その若い事と言ったら、ヘタしたらその娘さんよりも若く見えたね。」

私はこの話に興味を覚え、いつまでも頭から離れませんでした。

何故なら、私は手技療法・気功療法・東洋医学等で治療を行う傍ら、青春時代を長くする(老化防止)研究・脱毛症・肥満などの
改善の研究・癌その他の難病治療法などの研究を行っているからです。
皮膚を若々しく保つには水と脂、そして皮膚に共生しているバクテリアが問題であることは私も分かっていました。

しばらくして私の妻の友人から『新蘇生』を教えてもらいました。

そしてこれが蜂蜜・黒砂糖・米ぬか酵素(有効バクテリアによる)を原料としていることを知りました。
すごい!!このスキントリートメントパックを作った人に会わなくては、と思い友人に連絡してもらい、
開発者であり会社のオーナーである片岡氏に会う機会をいただきました。
ああ、この人は基本的なことが分かっていらっしゃる方だという事が会って話をしてみてすぐに分かりました。

東洋医学の欠点は、似たような結果を得るために便利さとコストダウンを錦の御旗として、汚染と病気と危険を平気で持ってきて、
しかもそのシワ寄せは一般民衆に覆いかぶせるという所にあります。
化粧品の分野でも石油から作った化学物質と界面活性剤で皆さんの皮膚はボロボロです。

私の口癖の一つですが、
「本当の一番のオシャレは、何もしない(する必要がないくらい健康的で美しく品がある)ことだよ」
というのがあります。

品があるためにはお金ではなく、毎日の優しい愛に満ちた経験の積み重ねが必要です。美しくあるためには心の中から美しくある必要があります。

健康的であるためには変な化学物質を食べ物や水と一緒に取らずに、顔に変なもの(化学物質)を塗りたくらないことです。

40歳を過ぎた男性と女性。
同じ年齢ならどちらの肌が若々しい(頭部を除いて)と思いますか?
私は男性だと思います。

それは女性がお化粧をして、しかもさらに“お肌のお手入れ”とやらをするからだと思います。
この変な“お手入れ”でさらに皮膚の老化を促進しているのだと思います。
医師である私がそう思います。

「クレンジングと洗顔、それにもましてシャンプーがまた一番難しいんですよ」そう語られる片岡氏を見ながら『ウン、この人の考えはほとんど僕の永年の研究の結果と一致している。やがてこの人はこの分野で第一人者となるだろう』と思いながら頷いていました。

『新蘇生 スキントリートメントパック』『洗顔フォーム』も健やかで若々しく生きるための、女性の必需品であると私は思います。

蛇足ながら、顔の皮膚は午前3時から午前4時までの1時間に最も新しい細胞と入れ替えが行われています。
この1時間に他の無駄なエネルギーを使って妨げないことです。つまり、顔を若々しく保ちたいなら早く寝なさい。
特に午前3時からの約1時間は絶対に寝ておきなさい…ということです。
皆さん、自分自身のために“正しい目”を持ってください。 『本物は何か?』 ということを。

  • 2021.08.16
  • 15:34

ページトップへ